リニューアル作業中

AOR?R&B?

先日、車中のラジオからキャッチでかっこいい曲が流れてきたので、ネットで調べてみたらこの曲でした。

Ole Børud – Keep Movin


なんだか若い頃の久保田利伸を彷彿とさせる?小気味好いボーカルとサウンド。

このOle Børud(オーレー・ブールード)について調べてみたら、このような記事がありましたー。

参考

【コレを聴けっ!】ノルウェーから現われた、オーレ・ブールード(Ole Borud) がスゴイっNAVERまとめ

この記事によりますと、オーレー・ブールードノルウェー出身の「AOR」シンガーだそうです。

テクニカルなアレンジ。ソウルフルな曲想。
スティーリー・ダンやらペイジスやらな引出し。
プリンスやスティーヴィーなこぶし。

やはりちょっとブラックテイストも入ってるんですね。
そもそもAORSOUL、R&Bってちょっと似た感じあると思うんですが、何が違うんでしょうか?
その辺を詳しく掘り下げてアナホリしてみました。

AORは、一般的に「Adult-Oriented Rock」の略称だと言われています。
大人でオリエンタルなロック?うーん、なんだかまだもう一つピンとこない。

そんな中、こんな記事も発見。

R&Bというものがそもそも”黒人”が歌っていないとだめなんじゃないかと。その辺の音楽を”白人”が演った場合にそれはR&Bではなく”AOR”になるのでは無いか?

なるほどー、どうりでサウンド的には似ているはずだ、それなら合点がいく。

 

R&BSOULブラックコンテンポラリーと括られたりすることがありますが、この“ブラック”って単語が名前に付いている限り、白人が演奏するものをR&BやSOULと名乗るわけには行かないという感じでしょうか?

これについては「単なるレコード会社の戦略」とか「日本国内だけのこだわり」とか、色々意見があるみたいですが…。

結論としては、あたくしはR&BもAORも”大好物”ということです!!

 

最後にオーレー・ブールードの曲をもう一つ。「Make A Change」。いいねー。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です