「"クリスマスイブ"歌ってみた」配信中

Surface Laptopがいい感じ

おしゃれーなMicrosoft製クラムシェルマシン

まずはこの画像をご覧くださいませ。

このおしゃれーな商品、決してAppleの製品ではありません。

MicrosoftSurface Laptopです。

「速報:噂のクラムシェル型、Surface Laptop発表。4色のカラバリと人工皮革張りキーボードを採用」(engadget)

 

気になるスペックは?

ディスプレイサイズは13.5インチの「PixelSense」ディスプレイ(タッチパネル)を搭載。

重量は1.25kg
OSはWindows 10S。(10Sとは、主に教育機関での使用を想定されているという軽量版のOSです)
フルバージョンのWindows 10Proへのアップデートも可能とのこと。(2017年12月までは無料でアップグレード可能)
プロセッサはCore i5、Core i7から選択できます。
ストレージは128GB〜512GBのSSD
バッテリーは最大14.5時間駆動
UBSはType-Cではなく3.0だそうです。

SurfacePenにも対応。画面に直接ペンで書き込むこともできます。

 

そしてあの不思議なインターフェイス「Surface Dial」にも対応。

 

教育機関、事務作業にぴったり?

まだまだ日本の会社はWindowsマシンが多いじゃないですか。
もちろんMacでもOfficeは使えますが、Windowsだとやはり互換性も安心。
しかもSurfacePenで書類に直接書き込みもできたりして。

さすが教育機関向けに作られているだけあって、事務作業の現場でもこれは使えそう。

 

カラーバリエーションは4色。

カラーはPlatinum、Graphite Gold、Burgundy、Cobalt Blueの4色。ただし、ローエンドモデルではPlatinum以外の色が選べないようです。

 

よく見るとキーボードのところが、布の様な素材になっています。
これ、Surface Pro4などでも採用されている「アルカンターラ素材」というイタリア製の素材だそうで。なんか高級感。

 

気になる値段と発売日は?

米国では予約開始済みで、出荷は6月15日。価格は999ドルから(日本円なら約112,000円)日本での発売予定はまだ不明だそうです。

価格やスペックなども見ると、AppleMacBookに対抗した製品かと思われます。
クラムシェル型のPCなので、Suaface Proの様な2in1タイプではないのですが、この価格とおしゃれ感は魅力的ですねー。
日本でも発売されるかな?ちょっと注目なガジェットです。

[st-kaiwa1]やばい、また物欲が疼く![/st-kaiwa1] [st-kaiwa2]こいつほんと節操がない![/st-kaiwa2]

<スポンサードリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です