「"クリスマスイブ"歌ってみた」配信中

謎の拡張子「HEIC」って何?

謎の拡張子「HEIC」

最近あたくし気づいたことがありまして…。

いつもあたくしiPhoneで撮った画像をMacBook ProへAirDropで飛ばして使うのですが…。
いつものように飛ばしてPhotoshopで画像加工しようとしたら…

え?なんでなんで?
と思いよく確認してみると…画像の拡張子が「jpg」ではなく「HEIC」という見たことないものになっているではないですか。

 

iOS11からの新しい画像形式

色々調べてみるとこの「HEIC」は「HEIF」という画像保存形式の拡張子で、iOS11から採用された新しい画像形式だそうです。
正式名称「High Efficiency Image File Format」の頭文字を取って「HEIF」なんですが、なんと「ヒーフ」と読むそうです。
「jpeg」「ジェイペグ」もなかなかあれですが、「HEIF」「ヒーフ」なんですね、もうこれは理屈抜きで覚えましょうね、「ヒーフ」です。

この「HEIF」iOS11から採用されているということは、iPhondで撮影した画像は、実はもうかれこれ約1年程前からこのHEIF形式で保存されていたわけですね。知らなかった…。
「HEIF」の最大のメリットは、画像の圧縮率。jpgの1/2から1/3のデータ量に圧縮できるそうで、当然iPhone本体のストレージの節約に繋がる訳ですね。

デメリットとしては、まだjpgなどと比べるとマイナーで、iOS11を搭載したiPhoneやiPadと、「macOS High Sierra」以降のOSを搭載したMacでないと表示できない点です。

ただし、基本iPhoneからパソコンに画像を取り込む際には自動的に「jpg」に変換されるように設定されているため、今までは特に問題はありませんでした。
※設定で変更可能

 

「macOS Mojave」からの仕様変更

2018年9月25日から配信開始された最新のmac OS「Mojave」
あたくしのMacBook ProのOSも現在この「Mojave」なんですが、どうやらOSをMojaveにすると、先ほどの「HEIF」画像をiPhoneから取り込む際に、「jpg」に変換されずに「HEIF」のまま取り込まれるようになるのだそうです。

これに気付かずに、いつも通り「jpg」だと思ってPhotoshopに画像を放り込もうとしたら、Photoshopでは「HEIF」形式が非対応であるため弾かれた、というのが真相だったようです。

 

今後「HEIF」は一般化するのか?

新しいものをゴリ押しするのが得意なAppleさんが採用したこの「HEIF」ですが、まだ知名度としては低いのか非対応のソフトが多いようで、Photoshopもその中の一つだったということですね。

今後Appleが「HEIF」をどこまで一般化できるのか、それによって使い勝手が良くも悪くもなる気がします。

あたくしは今のところは変換などが面倒くさいので、最初からjpgで撮影するようにiPhoneの設定を変更しました。
「設定」⇨「カメラ」⇨「フォーマット」⇨「互換性優先」にすれば、jpg形式で画像が保存される設定になります。

HEIFjpgに変換するフリーソフトなどもいくつかあるようですが、オンライン上でコンバートできるサイトもあるようで、ここなんかが便利かと思います。

参考

Convert HEIC to JPEG OnlineConvert HEIC to JPEG Online

ということでございまして、もしiPhoneやmacを使って画像編集される方で「HEIC」とは何ぞ?と思われている方がいましたら、ご参考にしていただけたらと思います。
ちょっとマニアックなネタですみません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です