リニューアル作業中

WWDC2017の感想・まとめ

今年もやってまいりました「WWDC(World Wide Developers Conference)2017」
秋の発表会では例年iPhoneの新機種が発表されることで有名ですが、
このWWDCは、その名の通り業界のデベロッパー向けの意図が強い発表会となっており、
例年は新型ハードの発表はあまり無く、OSなどの紹介がメインな、いわば少し地味な発表会、な印象がありました。

が、今年はなんとも大量の新ハード情報が出るわ出るわでビックリ!
そんな異例の!?WWDC2017を、あたくしの拙い感想も含めてまとめてみたいと思います。

 

AppleTVに「Amazon Prime Video」が登場

Amazon Prime会員なら様々な動画コンテンツが見放題になるサービス「Amazon Prime Video」
「Amazon Prime Video」を大画面のテレビで見るには、FireTVなどを別途購入する必要がありました。
が、今回「Apple TV」でもこの「Amazon Prime Video」を見ることができるようになるという発表がありました。

 

「Amazon Prime Video」はオリジナルの番組も結構充実してて、あたくしもパソコンで時々見ていますが、AppleTVを使っている人には朗報でしょうねー。
AppleTVも持っていて、わざわざ「Amazon Prime Video」を見るためにFireTVも買っちゃってた人はちょっとショックかもですが…。

 

「watch OS 4」この秋から配信開始

次にwatch OSの話。バージョン4がこの秋から配信開始されるそうです。

バージョン4になると、新しい文字盤がいくつか追加されるそうです。
「トイ・ストーリー」のキャラも追加されるみたいです。

 

その他、様々な通知機能がさらに改善されていたり、スポーツジムの運動器具と連動したりする機能も追加されるとか。ジム通いの人には便利かもですね。

 

mac OSが「Sierra」から「High Sierra」に

一瞬え?となるネーミング。新しいmac OSは”シエラ”に”ハイ”が付いて“ハイシエラ”です。
グラフィック機能など様々向上しているようですが、中でも目についたのが、Safariのスピードが80%増になっているとか。
「世界最速のデスクトップブラウザ」だそうです。

 

mac OS High Sierra秋頃配信開始予定です。

 

「iMac Pro」登場

今回のWWDCでのサプライズ的な発表がこのiMac関連。

まず従来のiMacも少しづつスペックアップされた新製品が発表されました。iMacの新型は少し久しぶり。これで目出度くあたくしのiMac2015モデルも型落ちに。

 

そして驚いたのが、黒いiMac「iMac クロ」、いや「iMac Pro」の発表です!

 

見た目のインパクトも大ですが、スペックもその名の通りプロ仕様。あたくしなんか欲しいという気持ちすら起こらないほどの高嶺の花スペックであります。

 

今までのゴミ箱型?Mac Proのポジションを、今後iMac Proが代わりに担っていくのか?

 

早くも「MacBook Pro」の新機種が登場も…

昨年色々物議を醸し出した「MacBook Pro2016モデル」。例のTouch Bar搭載機種ですね。
まだ発売して1年にもならないのに、新機種が出ちゃいましたー。あー俺早くも型落ちー。

 

ただし、僕らの「Touch Bar」は引き続き採用されています。やったー、ザマーミロー。
13インチ版だと、Touch Barの有無を選択できますが、フルスペックの15インチ版にはもれなくTouch Barが祟りのようについてきます。

 

さすがにまだTouch Barは外せなかったんでしょうねー。結局CPUが新しくなったマイナーチェンジ版といった感じで、2016年モデルを買ったあたくしもちょっと一安心。

 

「iOS 11」もこの秋リリース

「iOS 11」もこの秋にリリースされるそうです。

コントロールセンターのレイアウトがちょっと変わってたり。

 

カメラの圧縮システムが変わり、従来の2倍圧縮できるようになるそうです。つまり、今までの倍の量の写真が保存できるようになるわけですね。写真を沢山撮る人には朗報。

 

ちょっと気になったのが、画面左上のアンテナマークが今の●●●○○から懐かしの「棒線」になってますね。アンテナ4本でマックスかな?

 

リーク通りの「iPad Pro 10.5インチ版」

この時点で時間はかなり経過しており、「ひょっとしたら今回は発表無しか?」という雰囲気すら漂い始めた中で、やはりリーク通りに「iPad Pro 10.5インチ版」が発表されましたー。

 

この「10.5インチ iPad Pro」には「A10X Fusionチップ」が搭載されています。
現行最新のiPhone7「A10チップ」ですから、最新iPhoneよりも高速なチップが搭載されたことになります。これでメモリが4Gだったら凄いですが、メモリに関してはまだ不明。

 

12.9インチ版も同様にバージョンアップされています。容量展開は、64GB、256GB、512GBと前世代から倍増。

 

ちなみに、あたくしが少し期待していた「Apple Pencil」の新型はなし。ただし、今回発表された「新iPad Pro」Apple Pencilを使用すると、従来より遅延がさらに軽減されるそうです。「現行のiPad Pro」でさえ、ほとんど遅延を感じないのに、さらに進化とか凄いです。ほんとApple Pencilの書き味の良さは素晴らしいです。

 

Siri搭載スピーカー「HomePod」は日本発売未定

日本時間の4時過ぎになってもまだ発表が続くという異例の事態。
最後はこれまた噂されていたSiri搭載スピーカーの登場です。その名は「HomePod」

このシュールなデザイン。ゴミ箱というか、花瓶というか、ある意味リビングにとても馴染みそう。

 

音の広がりとかどうなんですかねー?気になります。

 

A8チップ搭載だそうです。A8といえば、iPhone6に搭載されていたチップです。

 

もちろんSiriにも対応。ただしこのSiriの言語対応の問題だと思うんですが、最初は英語圏内のみでの販売となり、日本発売は未定Amazon Echoとかと同じですね。まーあまり日本の住宅事情にも向いてないのかなー、とも思います。

 

カラーは黒と白で、お値段は$349(約39,000円)。高いと感じるか?安いと感じるか?

 

最近にしてはかなりアグレッシブな発表会

今回は2時間半の長丁場な発表会でしたが、新商品が続々登場して、WWDCとは思えない、かなりアグレッシブな内容になっていたように思います。

iMac Proもビックリしたし、HomePodも新しい商品ですしねー。

ただ、昨年、「MacBook Pro」「iPad Pro 9.7インチ」も買ってしまっているあたくしとしては、今回は全て見送りになりそうです。
昨年買ったガジェット類が全て型落ちになってしまった、そんなWWDCでしたー。
でもMacBook ProからTouch Barが無くならなかったのはちょっと安心。
発売1年以内に目玉機能のTouch Barを外した新製品を出されちゃうと、必死のパッチで昨年のモデルを買ったあたくしとしては切な過ぎるものね。
秋には新しいOSたちも配信開始されるし、iPhoneの新機種も恐らく発売されるし、今後も楽しみですね。
やっぱAppleの発表会はときめくね。<終わり>

<スポンサードリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です