「"クリスマスイブ"歌ってみた」配信中

Studio One 4の「コード解析機能」で実験

様々なDAWソフト

全国1,000万人のDTMerの皆様、こんにちは。

皆さんはDAWソフト、何使ってますか?
あたくしはLogic Pro Xがメインのソフトですが、CubaseAbleton Live 9もちゃっかり持ってたりします。
それぞれについて簡単にご説明。

Logic Pro X

あたしがメインで使っているソフトがこの「Logic Pro X」。Mac専用。

特徴はなんといってもまず価格が安い、お値段びっくりの¥23,800ポッキリ。
にも関わらず、たくさんの音源やエフェクトも揃っていますし、Apple Loopの素材も大量に収録。
Apple Loop素材を適当に組み合わせるだけでもそれなりにかっこいい曲が出来てしまったりする敷居の低さ。

また、人間のドラマーをバーチャルで再現するようなその名もズバリ「Drummer」という機能が個人的には超お気に入り。
パラメーターをちょこっと入力すると、ランダムにリズムパターンを生成してくれます。これなら便利で簡単にアナログチックなリズムも作れたりします。

AppleがMac専用に作ったいわば純正ソフトなので、安定感もバッチリ、OSのアップデートにも素早く対応してくれるので最高です。

欠点としては、Windowsでは使えないこと。DTMerの人なら、このためにMacのマシンを買ってもいいくらい、とてもコストパフォーマンスが高いDAWソフトだと思います。

参考

Logic Pro XApple

Cubase

Cubaseはプロのミュージシャンもよく使っている超有名ソフト。

あたしも試しに購入してみましたが、Logicに慣れてしまっているせいか、もう一つ使いこなせずにいます…。

コードトラックやコードパットなど、コード関連のオリジナル機能はものすごく気になるんですが…。
ソフトを使う時に、USBのドングルを認証キーとしてパソコンに差し込まないと行けないのが、どうも自分に合わない…。

昔はドングルを使った認証って多かったと思うんですが、今はオンライン認証が増えてきているし、そっちのほうが便利だと思うんですが…。
万が一ドングルを無くしたり、壊したりした場合も結構大変みたいで…、是非是非Cubaseも早くオンライン認証で使えるようにして欲しいです、はい。

人気、知名度に関してはダントツでNo.1のDAWソフトだと思います。
こちらはWinでもMacでも使えます。

Ableton Live

最後はAbleton Live。これはちょっとマニアック?なDAWソフトです。

LogicCubaseとは明らかに雰囲気が違う。

Liveの方がより直感的に曲を作れるような感じがします。
生楽器を重ねて録音するというよりは、打ち込み音楽(EDMやDJ)、ループやサンプリングを使った音楽作りに向いていると思います。

逆に言えば、あんまり音楽理論に長けてない人でも、直感で色々遊べちゃうソフトかも?

Push2という専用のコントローラーがあれば、さらにLiveが使いやすくなります。これだけでも80,000円前後しますが…。

LogicCubaseのような正統派?DAWを持っている人でも、サブのソフトとしてAbleton Liveも持っていると、またちょっと別の閃きが沸くかも?

あたくしの大好きなYouTuberの瀬戸弘司さんは、このAbleton LivePushを使ってますね。


 

次世代DAWソフト「Studio One」

そんな大御所ソフトたちよりも後発で、比較的まだ歴史の浅い新しいDAWソフトも色々出てきているようですが、その中であたくしが最近気になっているのが「Studio One」というソフト。

「次世代DAWソフト」などという触れ込みですが、もともとCubaseを開発していたスタッフさんが作ったソフトなんだそうです。
2009年に初代「Studio One」発売されて、2018年5月には「Studio One 4」がリリースされました。

最新バージョンの「Studio One 4」では様々な機能が追加されているようですが、特に気になるのが「オーディオトラックからコード進行を検出する機能」が新たに搭載されていること。

それまではそんなに「Studio One」に興味無かったあたくしが、この機能を見て一気に興味津々。
これがあれば、CD音源などからコードを検出することが出来たり?自分が適当に引いたフレーズのコード進行を検出して作曲に生かせたり?色々できるんじゃないの?

ということで、現在公式サイトで公開されている「Stuidio One 4 体験版」を使って実際にCDから音源データを取り込んでみて、コード検出機能がどの程度の精度なのか?次のページでいよいよ実験をしてみます。

参考

Studio One 4公式サイトPreSonus

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です