「"クリスマスイブ"歌ってみた」配信中

「iPad Pro 2018年モデル」開封の儀

少し遅くなりました。
去る平成30年11月14日に行われました、「iPad Pro 2018モデル」の開封の儀の模様をお伝えします。

「iPad Pro 2018モデル」開封の儀

まずこの印象的な化粧箱のデザイン。相変わらずオシャレですねー。

このペリペリを引っ張ると開封されます。

出たー!いつもの通り箱を開けたら即本体が登場です。

本体を箱から取り出しました。

はい箱の下にはいつもの説明書などが入っているケースに「Designed by Apple in California」の文字。開封の儀って感じがしますね。そうですね。

さらにその下には充電関連の附属品が。ご存知の通り、今回からLightning端子ではなく、USB-C端子に変わっています

よく見ると充電器にはPDの文字。パワーデリバリー急速充電にも対応ということですね。

これが本体♪これが本体♪

カメラレンズは相変わらず出っ張っています。

あたしが持っているiPad Pro 9.7インチと重ねてみました。2018モデルの方が少し大きいです。画面サイズが11インチに拡大されてるから当然か。

いよいよ本体の保護シートを外しました。カラーはスペースグレイ。本体下部の3つの点は、スマートキーボードとつなぐ端子です。

今回はDラインならぬ、Uライン?が本体上部に入っています。アンテナの役目を果たしているのでしょうが、気になる人は気になるのかな?あたしは全然気になりません!!!

初代iPad Pro 9.7インチモデルとの比較。角の丸みが無くなってエッジが効いたデザインです。

次のページでは、各種オプション品を開封していきますYo。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です