「"クリスマスイブ"歌ってみた」配信中

「iPad Pro 2018年モデル」開封の儀

各種オプション品も開封

初代iPad Proの際には、キーボード付きのカバー「スマートキーボード」を購入しましが、今回はキーボード無しの「スマートカバーフォリオ」を購入。今回から名前の最後に「フォリオ」が付きます。フォリオとは「二つ折りの本」のような意味だそうです。

箱の裏面はこんな感じ。今回もスタンドとしても使えることが書いてあります。

ケース本体を出しました。今回は今までのケースと違い、本体の背面までもカバーしてくれます。だからわざわざ名前に「フォリオ」を付けたんでしょうね。Appleのロゴは見えなくなるけど、ガッチリとガードされてる安心感があります。

本体に装着。なんと今回のiPad Proの本体背面部には、小さな磁石が102個も散りばめられているそうで、その磁石でケースをくっつけるようになっています。しっかりくっつきますが、少し力を加えれば簡単に取り外しもできます。これはとても便利。ケースを外して使いたいときでも簡単に取り外すことができます。

ケースを付けると、背面のカメラレンズの出っ張りも見事収まるようになっています。

無事起動。こんにちは。

今回からホームボタンに代わりに、iPhoneXシリーズ同様のfaceIDを搭載。始めに使う時に、自分の顔を登録します。

iPad Pro 2018モデル用の画面保護ガラスを購入する際は、faceID対応かどうかに注意カメラ部分まで覆ってしまうタイプのフィルムだと、faceIDが認識しなくなる場合があります
あたしはいつもnimaso製のガラスを使うのですが、今回はまだ発売されていなかったので、別メーカーのface ID対応ガラスにしました。今のところfaceIDもちゃんと認証されますが、少しタッチパネルの感度が弱くなるようです。本来はガラス無しのスッピンで使うのが一番いいのでしょうが、なにせ高価なマシンなもので…。

 

「”第2世代”Apple Pencil」も到着

本体到着から2日遅れて、新型Apple Pencilもやっと到着しましたー。これも今回の新型iPad Proの目玉ですからね。

こんな感じで梱包されています。

箱から出しましたーー。シンプル!!

箱の蓋を開けると、またしても「Designed by Apple in California」の文字。

箱の同梱物がこれ。説明書も入っています。

これが新型Apple Pencil。今回から充電方法が変わり、キャップなどが無くなり綺麗に一体化されたシンプルなデザインでとってもおしゃれ。

一面だけ面取りされています。そこにApple Pencilのロゴが書かれています。ペアリングや充電をする時は、iPad本体にこの面をくっつけます。

Apple Pencilを本体にくっ付けてみました。すると自動的にペアリングと充電が開始されます。以前のApple PencilではLightning端子にぶっさしてペアリング&充電してましたからねー、これはかなりの革新。断然使いやすくなりました。てか最初からこれに…。

さて次のページは、恒例のベンチマーク比較だよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です