(ほぼ)毎日更新!!

「GoPro HERO 7 Black」開封の儀

昨日届きましたGoPro HERO7 Blackを開封していきます。


Apple Online Store限定版

今回購入したのは、Apple Online Storeのみで販売されてる限定セットになります。
従ってApple製品ではないですが、いつもの見慣れたAppleストア段ボールで届きます。

箱を開けましたーー。

今回はGoPro本体に色々なオプション品もセットで付いた、ちょっとお得?なセット。

Made for iPhone iPadと書かれています。Apple Store限定品だからかな?

1200万画素、4K60フレーム撮影、10m防水、ライブ配信も出来ますよとの記載。

箱を開けたらケースがそのまま出てきました。

ご開帳!!!これが本体、これが本体!!

同梱品を全部並べてみました。

GoPro本体とバッテリー、そしてSanDisk製のmicroSD(32GB) が1枚附属。GoProはSanDisk推奨だそうです。

「GoPro HERO 7 Black」本体。

左側面には「7」の数字が。

裏面は全面液晶モニターになっています。

上側に録画ボタンがあります。

そして右側に電源ボタンです。

手持ち用の「Shorty」も附属。これはありがたい、即使えますね。もちろんフレームケースも。

GoProをShortyにマウントするとこんな感じになります。

ちょっと伸びたりもします。

三脚にもなります。

GoProをどこかにマウントするときの部品。ヘルメットやバイクなどに貼り付けて使えます。ドライヤー等で接着剤を温めると剥がすこともできるそうです。

GoProステッカーとUSB-Cケーブルと簡単な説明書き&仕様書です。

他にもキャリングケースの中には、GoProポシェット?も入ってました。小物入れになりますね。

 

同時に買ったオプション品

純正のバッテリー充電器とバッテリー。充電器は2個のバッテリーを同時に充電できます。バッテリー単体で1個別途購入。本体附属のバッテリー、充電器附属のバッテリー、別途購入のバッテリーで、バッテリーが合計3個になりました。これだけあればとりあえず出先で1日撮影するぐらいはできるかな。

首からGoProを下げることができるネックマウント。おっさんぽの時などに使ってみます。

液晶保護ガラス。画質に影響がありそうなので、正面のレンズ部分にはあえてフィルムは貼らず、裏面の液晶のみに貼り付けました。

車のダッシュボードなどに取り付ける吸盤「サクションカップ」も購入。純正品です。車載カメラとして車窓の風景を撮影しようと思います。

 

記念すべき第一作「たこ焼きタイムラプス」

といいうことで、届いたGoProで早速動画を撮影。たこ焼きを焼く工程をタイムラプスで撮影した動画です。


 

次は車窓風景動画に挑戦予定。編集もどんどん練習します。楽しいなー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です