(ほぼ)毎日更新!!

ドローン「DJI Spark」開封の儀

遅くなりました。みんな大好きドローンDJI Spark」の開封の儀の模様をお届けしますよ。

ちなみに、今回あたくしは標準セットではなく「予備バッテリー」「予備のプロペラ」「コントローラー」「プロペラガード」など色々なオプション品がセットになっている「Fly more comboセット」を購入しました。

 

通常のセットより価格はお高くなりますが、全部のセット内容を単品で買いそろえるよりはかなりお得になるセットです。しかもたまたま値下げキャンペーンをしていて、さらにお得に購入することが出来ました。

 

さっそく「開封の儀」

まずは外箱。DJI Sparkのアルペンホワイトモデルが映ってますね。

 

裏面。Works with iMovie and Final Cut Pro Xとの記載があります。Macとの相性が良さそうですねぇ。

 

いよいよ開封しまーす。Spark本体と専用のバッグが入っています。

 

こちらがSpark本体

 

開けてみたらこんな感じ。本体カラーはブルー。ほんとはホワイトが欲しかったんですが、売り切れていたので、ブルーにしました。

 

箱から出してみたところ。

 

これがあたくしのSparkちゃんです。意外と小さい。これからよろしくね。

 

Fly More Comboセットでは、本体に付いているバッテリーとは別に、予備のバッテリーがもう一つ付いています。これはお得。Sparkのバッテリー駆動時間が実質10分程度なので、ガッツリ撮影するには予備バッテリーは必須です。

 

Fly More Comboセットには予備のプロペラも付いてます。

 

専用のバッグも付いていますが、あたくし的にはなんだか使いにくい。

 

なので、ケースは別途Amazonで購入しました。

 

色々なオプション品も全てまとめて収納できます。便利でしかもお安い。このバッグ超オススメ。

 

Fly More Comboには急速充電機も付いてきます。本体にバッテリーを装着した状態でも充電はできますが、こちらはバッテリー3個を同時に充電出来ますので、予備バッテリーがある場合は絶対この充電器は必須です。

 

充電用の電源ケーブル。

 

その他の同梱品です。

 

これがプロペラガード。面倒臭いけど、このガードは付けておいた方が、プロペラが二何かにぶつかっても安全だし、壊れにくいです。

 

こちらはプロポ。専用のコントローラーです。これも本来は別売りですが、Fly More Comboなら最初から同梱されています。

 

スマホ単体でも操縦出来ますが、やはり専用コントローラーの方が直感的に操作出来ますし、電波が届く範囲も一気に伸びます。
コントローラーにスマホを接続して、映像モニターとして使うこともできます。
あたくしはとりあえず自宅で転がってたiPhone5sSpark専用端末として使用する予定です。

 

プロペラガードを装着した状態。まさに空飛ぶアメンボのような形ですね。

 

今後の飛行に備えてドローン保険にも加入。そしたら自動的にラジコン操縦士の資格ももらえました。また資格が増えたわー。

参考

【ホビー用】ラジコン操縦士の登録日本ラジコン電波安全協会

 

ということで、開封はしてみたものの、それ以降休みが取れなくて、まだ飛ばせていません。くそー、早く飛ばして空撮したいなーおい。
撮影したら、YouTubeのチャンネルで空撮映像を公開しますので、是非是非チャンネル要録よろしくね。

こんなの撮りたいなー。今年の夏は絶対UFOライン行くからな、みんな楽しみにしとくように。


 

今後あちこちお出かけして動画をどんどん作る予定だから、ほんとにほんとにみんなチャンネル登録と、動画の高評価をよろしくお願いします、生活かかってますお願いしますペコリペコリ。

参考

Riceball MusicYouTube

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です