「RICOH Handy Printer」が便利そう

オモシロそうなプリンター登場

RICOHからちょっと気になるガジェトが登場。
ハンディーサイズで色々なものに印刷できちゃう、その名も「RICOH Handy Printer」です。

まずはこちらの紹介動画をご覧下さいませ。


 

どうですか?便利そうでしょ?

 

「テプラ」に変わる存在になるか?

印刷したいものに直接プリンターを押し当てて印刷するという、今までありそうで無かったハンディープリンターなんですね。

事務所とかで使うと便利そうですよね。
あたくしなんかなにかと「テプラ」を使う機会が多いんですけど、
このハンディープリンターがあれば、テプラに代わりになり得るかもですね。
まあ物にも依ると思いますが。

ハガキや封筒への宛名印字が、パソコンを使うより手軽そうでいいなーと思います。

荷物配送用の伝票とかにも便利そうよね。

DVDやCD-R焼いた時にもこれで書き込めばお手軽ですね。

結構色々なものに書けるみたいで、板や段ボール、布などにも書けるみたいです。

インクは速乾性の水に強いインク、とのこと。インクにどれぐらい耐水性があるのかによって、使う用途も広がりそうですよね。

そしてサイズはこんな感じ。りんご1個分の重さだそうで。大きめのモバイルバッテリーぐらいかな?
もちろんコードレス。
まあもし自分が使うとすれば、持ち運ぶことはあんまりしないかなー。

 

気になる点

と、色々便利そうなのですが、少し気になる点を上げますと…。

ランニングコストは?

インクはカートリッジ式で交換するようですが、インクにかかる費用、ランニングコストが気になりますよねー。新製品ですし、インク代が安ければいいんですが…。

ちなみに公式サイトによると、インクカートリッジの価格は¥5,000で、A4で320枚程度印字可能だそうですよ。A4にビッシリ文字を印刷することはほとんど無いと思うので、そう考えるとまーまー長持ちしそうかな?

 

専用アプリケーションがちょっとまだアレ

プリンタを操作するための専用のアプリがあるんですが、今のところAndroidとWindowsにしか対応していないようです。

一般のオフィスでの使用を想定しているでしょうから、まあWindowsはいいとしても、iOSぐらいは早めに対応して欲しいですよねー。取りあえずあたくし使えないじゃん、あーまーSurfaceがあるか。

 

4/17発売開始。店頭予想価格は51,700円(税別)前後。

4/17から発売開始で、店頭予想価格は51,700円(税別)前後とのことです
このようなプリンターを使う機会が多そうな事務所とかであれば、1台置いとくのもありかなと。
あたくしなんかは自宅にプリンターを置いていません。
A4サイズの文書なんかはデータでやりとりするので、がっつり紙にプリントすることってほとんどないんですよねー。
宛名とか小物に印刷する用にこれを1台持っておくのもありかなーとか思ってます。据え置きプリンターみたいにスペース取らないしね。

参考

RICHO Handy PrinterRICHO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です