【良い点】「Apple Watch」を半年使ってみて【悪い点】

「Apple Watch」見たことある?

みなさーん「Apple Watch」持ってますかー?
え、持ってない?それどころか、持っている人を見たことがない?

iPhoneを持っている人は今や星の数ほど見かけると思いますが、
Apple Watchを持っている人はまだまだあまり見かけ無いですねー。

あたくしは、Apple Watch Series2のNike+モデルが発売されたタイミングで購入。

使い始めて半年強になります。
そんなあたくしが、Apple Watchを「持ってて良かった点」と、Apple Watchの「ここが変だよ」というところをまとめてみましたよ。
まずは、「持ってて良かった点」から。

 

持ってて良かった「Apple Watch」

①活動計としての性能がかなり高い

あたくし、毎日「おっさんぽ」というウォーキングをしております。Apple Watchをしていると、その際の歩数や距離、速度、脈拍、消費カロリー、歩行経路など全てを克明に記録できるんです。やっぱこういう記録が残ると、ウォーキングする時のモチベーションにも繋がります。

Apple Watchの活動量はこのリングで表されます。
一番内側の青いラインが「スタンド」緑のラインが「エクササイズ」ピンクのラインが「ムーブ」を表しています。

「スタンド」は、その名の通り「立ち上がった回数」を記録。1時間に1分以上立ち上がったら1カウントされ、1日12カウントされたら円が完成して合格となります。
「エクササイズ」は、「早歩きかそれ以上の強さで身体を動かしている時間」です。1日30分、早歩き以上の強さで身体を動かせば、円が完成し、合格となります。
「ムーブ」「1日のアクティブカロリーの量」を元にした値。1日の目標消費カロリーを自分で設定したり、Apple Watchが普段の活動量から適切な目標値を計算してくれたりして、その目標値を達成したら円が完成して合格となります。

これらの記録はiPhone側に全て自動で記録されますので、遡って見ることもできます。

また、iPhone側で、成果という項目を見ることができます。

設定されたそれぞれの条件をクリアすると、バッジがもらえるという、ゲームでいうところの「実績解除」のような機能です。これもモチベーションアップに繋がります。写真は「1週間スタンドのゴールを毎日達成」したらもらえたバッジです。

あと、Series2から、GPSが本体に内蔵されましたので、Apple Watch単体でも距離や歩行経路などを記録することができるようになりました。iPhoneをポケットに入れてBluetooth接続しておけば、GPSの精度がさらに高まるようです。

ね?すごく高機能な活動計でしょ?スポーツをする人はもちろん、毎日ウォーキング程度の運動をする人でもモチベーション維持に持って来いの機能がたくさん詰め込まれています。
こんな正確に活動量を測定してくれるなんて、持ってて良かったApple Watch!

②日々の健康管理に最適なガジェットである

Apple Watchを腕にしていると、知らない間に定期的に脈拍を測定されています。皆さん普段の自分の脈拍って気にしたことありますか?あたくしはこんな感じ。

成人男性の正常値脈拍は60〜100と言われているそうです。
これより高いと頻脈、低いと徐脈となり、様々な疾患が疑われることもあるそうですよ。
日頃の健康な状態の時に、わざわざ自分で脈拍を測ることはなかなか無いでしょうが、Apple Watchをしておくだけで自動的に脈拍を記録してくれんですよー素敵。

 

さらに最近、Apple Watchで血糖値の測定ができるようになるのでは?という記事がありました。

『アップルのティム・クックCEO、Apple Watchで血糖値を測定していた姿が目撃される』(engadget)

この記事に依りますと、近い未来にApple Watchにとあるオプションをつけることにより、針などを使わずに血糖測定が出来るようになるのでは?とのことです。

これが実現したら、医療資格が無い人でも、痛みなどを伴わずに簡単に血糖測定が出来ちゃうんですよねー。これってガジェットとかの範囲を超えて、医療面でも大革命だと思いませんか?

ということで、この先元気で長生きしたい人は、ぜひ腕にApple Watchをしてくださいお願いしまーす。

③iPhoneとの連動がやっぱり便利

これは当然といえば当然なんですが、iPhoneとの連動が便利ということです。
メール、電話、LINE、スケジュールなどiPhoneに届いた通知がApple Watch側にも通知されるので、iPhoneをその都度確認しなくても、腕元で簡単に通知の確認ができ、緊急性が無い通知であればとりあえずスルーするなど、情報の取捨選択が出来るようになります。
これって一回使い出すともう無い状態には戻れない機能なんです。しかもApple Watchのバイブレーションは音がほとんどせず、自分の腕にだけブルっと振動が伝わるので、誰にも気づかれずに通知を知ることが出来ます。

あと何気に便利なのが、朝の目覚まし時計です。
あたくしはiPhoneのアラームで朝起きるのですが、Applw Watchをして寝ていると、iPhoneのアラームが鳴ると同時に、音と腕への振動で起こしてくれます。これが目覚まし効果絶大です!しかもApple Watchでスヌーズや停止の遠隔操作が出来るんです。これも地味ながら一度使うとやめられない機能です。

時計といえば、インスタントラーメンなどを作るときに、Apple Watch「Hey Siri、タイマー3分」と声をかけると、3分タイマーがすぐに使えるのも何気に便利ですよ。手を使わなくてもタイマーがセット出来ます。3分経ったら、手元でタイマー止められるしね、便利。

④「Apple Pay」が使える安心感

これもSeries2からの新機能ですが、Apple Watch単体で「Apple Pay」が使えるようになりました。都会生活だと、Suicaとの連動などもっと便利に使えるようですが、田舎だとそんなに使う機会は無いかもしれません。
が、コンビニで買い物をして、うっかり財布を忘れた(実際あたくしこういうことありました)際に、腕の時計をかざして支払いが出来た時は、ちょっと感動しました。
普段はほとんど使わないApple Payですが、何かの時にApple Watchで支払いが出来るという安心感は良いと思いませんかー?

⑤意外とバッテリーが持つ

これも実際に使って見ての感想ですが、Apple Watch Series2を使う限りでは、意外にバッテリーが持つなーと思いました。普通に使ってる分には、3日ほど持つと思います。購入前はもっと電池持ちが悪いかなーという印象があったので、これは嬉しい誤算でした。

⑥防水で安心

これまたSeries2からの新機能ですが、完全防水になりましたので、腕にApple Watchをしたまま水仕事も出来ます。便利で安心。

 

ここが変だよ「Apple Watch」

ここからはApple Watchのちょっとアレな点をサラーっと書いていきまーす。

①そうは言ってもバッテリーを充電する必要がある

上で「バッテリー持ちが意外といい」と書きましたが、そうは言っても通常の腕時計と比べると、やはりバッテリー充電の手間はあります。ただしApple Watchは時計とはいえ電子ガジェットですから、そもそも普通の腕時計と比べるのは野暮なのかなーと思います。機能も色々ありますし、そりゃ電池も食いますわなー。

②まだちょっと人目に付く

Apple Watchを持っている人は実際まだまだ少ないです。なので何かにつけて「それ何ですか?」的な話になることがあります。目立ちたがり屋の人はこれは利点になるんでしょうが、あたくしはちょっと恥ずかしいのです。

③時間を気にしているのかと思われる

iPhoneをカバンから出さなくても腕元で通知が確認出来るんですが、通知を確認していると「時間を確認しているのか」と思われてしまい「お時間大丈夫ですか?」なんて言われることが結構あります。状況によっては相手に失礼になる場合もありますので注意が必要です。話してる相手が腕時計チラチラ見てたらちょっとねー。

④オプション品が結構高い

これはApple製品全般に言えることなんですが、専用のバンドなど、オプション品が結構高いです。Apple Watchのバンドは様々な種類が用意されていて、交換も簡単に出来ます。

一番安いタイプのバンドでも¥5,800、高価なものなら¥70,000以上するものもあります。¥70,000とか本体より高いですからねー。
正規品でなければ安いものも色々出回っているようですが、やはり純正品の安心感もあったりして悩ましいところです。

 

iPhoneが無いとあんまり意味が無い

色々と「良い点・悪い点」書きましたが、あたくしは今も毎日Apple Watchを使っていますし、Apple Watch無しではちょっと不安になっちゃうぐらい生活に溶け込んでおります。

色々多機能なわりには、¥50,000以下で買えますからね、あたくし的にはコスパ考えてもアリだと思います。

ただし、間違いなく言えることが、iPhoneを持ってないと、ほとんど意味がないガジェットになっちゃう、ってことですね。これは本当の話!

[st-kaiwa1]Apple Watch、使いようによっては便利なガジェットですよ。[/st-kaiwa1] [st-kaiwa2]長文お疲れ様。[/st-kaiwa2]

<スポンサードリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です