(ほぼ)毎日更新!!

「俺のたこ焼き」レシピ公開

俺のたこ焼きレシピ大公開

どうも、ご存知たこ焼き大好きおじさんです。
休みとかで時間があるときには、必ずと言っていいほど自宅でたこパーをします、独りで
なので、プロの方はともかく、アマチュアたこ焼き界の中ではトップクラスのたこ焼きの焼き回数ではないかと、自負しております。

今日は特別に、そんなあたくしがいつも焼いてるたこ焼きのレシピを大公開していきたいと思いまーす。
みんなには内緒だよ。

 

たこ焼き粉はこれで決まり

まず基本となるたこ焼き粉ですが、あたくしはこちらを使います。
「オーマイたこ焼き粉」です。

この商品の良いところはその内容量なんです。
だいたい他のメーカーのたこ焼き粉って内容量500gとかが多いんですが、
この「オーマイたこ焼き粉」は1袋の内容量が220g(現在増量サービス中で通常は200g)
500gだと、使い切れずに半分残してまた次回に、とかなることもあるんですが、
220gなら一気に使えるので粉の鮮度が維持しやすいです。

もちろん味の方もバッチリ、出汁がよく効いていて風味が良いです。
是非、このたこ焼き粉を探して見て下さい。
Amazonでは¥300以上するようですが、近所のスーパーなら¥200ぐらいで売ってます。

 

命のソース、忽那醸造「お好みソース」

ソースについて。
これは愛媛県のローカル商品なので、愛媛在住以外の人が店頭で買うことはまず不可能だと思うんですが…それでもこれをなんとか入手して欲しい。
忽那醸造「お好みソース」です。

愛媛県松山市にある「忽那醸造」というお醤油屋さんが発売している「お好みソース」。
これがメチャクチャ美味い!!!!

このソースがあるから、あたくしはたこ焼きを焼いているといっても過言では無い。
これが無くなったら、多分あたくしたこ焼きをほとんど焼かなくなると思います。
それぐらい、あたくしにとってはこれが命のソースなのであります。

でも愛媛在住じゃないから買えないしなーと言う方… 諦めないで下さい!!
「忽那醸造」の公式店舗サイトから、通販で購入することができます!!

参考

公式サイト忽那醸造

価格は360mlで¥367、1000mlで¥734、1800mlが¥999となっております(送料別途必要)。

ちなみに、あたくしは忽那醸造となんの関わりもありませんし、回し者でもなんでもありません、これが売れてもあたくしには1円も入りません。
ただ実際美味いんです、だからオススメしてるだけです。
騙されたと思って是非使って見て下さい。

 

たこ焼き液は出来るだけ「シャバシャバ」に

では実際に焼いていきます。
まずたこ焼き液も作り方です。

先ほどの「オーマイたこ焼き粉」の袋裏面に書いてある調理方法としては、粉1袋220gに対して、卵1個と水660mlとなっております。
この通りに焼いてもいいんですが、あたくしは少し水分を足して680mlぐらいにします。
こうすると、かなりシャバシャバなたこ焼き液になり、一瞬不安になるかもですが、この方が絶対に美味いです。

ただし、水分量を増やすと焼くときの難易度が上がります
逆に水分量を少なくするほど硬く焼けてたこ焼きの形は整形しやすいですが、食感がモコモコしてあまり美味しくないです。
少し水気の多いシャバシャバ生地で綺麗に焼き上げると、外はカリッと中はジュワッとした美味しいたこ焼きになりますよ、これほんと。
かと言って、水分を増やし過ぎると、グチャグチャになることがありますので、やはり680mlぐらいがベストだと思います。

 

高温で一気に焼きたい時はこのプレート

あたくし以前まではホットプレートに付いているたこ焼き用の鉄板で焼いていましたが、
現在はパナソニックが販売している南部鉄器で出来たIH対応たこ焼きプレートを使ってIHヒーターで焼いています。

このプレート、熱伝導率がとても高い
IHの最高温度設定にしたら、熱くなりすぎてIHが止まってしまうくらい。
中火〜とろ火で充分高熱になります、それぐらい熱電動率が良い。
しかも高温になるから、あっという間にたこ焼きが焼けて時間短縮にもなります。ホットプレートで焼くときの半分くらいの時間で焼ける感じです。
たこ焼きは高温で水分を一気に飛ばすのが大事だと思うので、この鉄板と出会えて良かったなと思います。
これも先ほどの忽那ソース同様、無くてはならないものですね。
しかも結構リーズナブル。サイズも小さくて邪魔にならない。是非お買い求め下さい、超オススメ。

次のページではいよいよ実際に焼いていきますよ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です