(ほぼ)毎日更新!!

ここが良かった「WWDC2019」

今回は結構長丁場「WWDC2019」

6月4日の深夜2時から行われました「WWDC2019」
あたくしも2時に起きて生で配信を見ながらブログをリアルタイム更新しておりました。
イベント自体結構長めで、終わったら朝4時半ぐらいになってて、外はうっすら明るくなり、鳥が朝チュンしておりました。

イベント全体のまとめ記事はもう既にたくさん出ていますので、ここではあたくし個人的に「ここが良かった」という所をまとめてみましたー

 

tvOS

まずは「tvOS」です。
あたくしはAppleTV自体持っていないので、tvOSに関してそれほど響かなかったんですが、
唯一気になったのが、tvOS 13から「PS4」と「Xbox One」のコントローラーをつないでゲームをすることが出来るようになるということ。

春のイベントで発表されていたサブスクリプション型ゲーム配信サービス「Apple Arcade」に合わせてきたものだと思います。
あとは配信されるゲーム次第ですが、ちょっと楽しみです。

 

watchOS 6

続きましてwatchOS。あたくしは第4世代Apple Watchユーザーで、寝るときも離さず装着してるぐらい(睡眠時間を測定している)なので、watch OSに関しては毎年興味津々。

まずは定番の新しいfaceですね。これはどんどん出して欲しいです。選択肢があればあるほど良いですからね。

今後はApple Watch単独で動作するアプリが増えてくるそうです。そのためのAppStoreがwatch OS内にも登場するらしいです。Apple Watch自体のスペックも上がってきてますから単独アプリもありかもですね。ただし小さい画面で出来ることは限られてくるとは思いますが…。

オーディオブック、ボイスメモ、電卓などのアプリも登場するとか。てかむしろ今まで何故無かったのか…。

watchOSは毎回進化が大きい気がします。Apple Watchはこれからが楽しみなガジェットですね。

 

iOS 13

続いてiOSiOSに関しては大きく目を引くような変更点は無く、地味な印象でした。

face IDの認証時間が30%高速化、アプリ立ち上げ速度は2倍速くなっているなど、随所に高速化が図られているそうです。まあこれは良いことですよね。

既にmacOSでは搭載されていいるダークモードiOSにも登場。眼に優しいらしいです。試しに使ってみるかも。

純正のmapアプリもパワーアップされ、「ルックアラウンド」機能で、実際の3D映像見ることが出来るそうです。これってGoogleストリートビューやん

次のページでは、ちょっとビックリの新OS登場。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です